医者

腎臓病の要因

悩み

腎臓病は多くの人が発症しているものです。要因は様々ありますが、代表的なものに飲酒があります。血中濃度に大きく影響してくるもので、他機能に影響を及ぼすこともあります。早期の治療が必要といえます。

詳細を確認する...

骨粗鬆症は治せます

悩み

骨粗鬆症は骨の中身がスカスカの状態で、骨が弱くなってしまっている病気の事です。骨の密度が低いとちょっとした衝撃を受けただけでも骨が折れてしまう場合があります。骨粗鬆症は自覚症状があまりない病気の一つです。姿勢が悪くなっていたり、身長が縮んだりするのは年齢が進むに連れて起こる症状なので、それが病気の原因であるかどうかに気付くことは難しいです。自覚した時には既に骨粗鬆症の症状がかなり進行しているといったっ場合も少なくありません。骨粗鬆症により密度が低い骨は自分の身体の重みを支えることが出来無くなります。その際に骨折をしてしまう人も居ます。これを圧迫骨折といいます。骨粗鬆症は自覚できない場合があるので、自ら病院などで定期検査を受けることが大切ですい。地域によっては自治体が地域の健康促進のために骨密度測定を実地している事もあるので、そういった場所で予防の為に積極的に検査を行なうのも良いでしょう。骨粗鬆症はその他の病気と同様に早期発見や早期治療がとても重要です。

骨粗鬆症と診断された場合の治療法としては投薬治療がメインになります。骨粗鬆症で使用される主な治療薬としては腸からのカルシウム吸収率を向上させ、体内のカルシウム量を増幅させる効果を持つ活性型ビタミンD3製剤、骨を形成を促進させるビタミンK2製剤、骨の吸収を抑制する女性ホルモン製剤のエストロゲン、ビスフォースフォネート製剤などがあります。これらで、骨粗鬆症の薬剤治療を行っていきます。

最新の治療では最新の薬も登場していて、骨粗鬆症患者が選択できる薬の種類は増えています。選択肢が増える事で、患者に適した薬を使うことが出来ます。そうすることで、骨粗鬆症治療を効率よく進めていくことが出来ます。薬の詳しい使用方法などは個人差がありますので、かかりつけの医者に相談をして用法、容量を正しく使って治療を行っていくといいでしょう。